HOME > 録音のヒント

録音のヒント

ICレコーダーで録音

ICレコーダーで録音の際は一番よい音質、可能でしたらMP3、WMAをお選びください。一般的にメーカー独自形式は余り音質がよくありません。
MP3の音質例ですが、サンプリングレート44.1kHz、ビットレート128kbps以上、サンプル数16ビット

固定ビットレート(CBR)・可変ビットレート(VBR)の選択ができる場合は、固定ビットレートでお願いします。

WMAもこれに準じます。

MDレコーダーで録音

なるべくLP2かLP4でお願いします。初期型ICレコーダーよりMDレコーダーのほうが、LP4でもはるかに明瞭に録音できます。

どのレコーダーでも

SOUNDCROP, pre-licensee 機材参考写真モノクロ人数・距離に見合った数の外部マイクをお使いください。ご発言者様の1メートル以に、遮蔽せずにマイクを設置するのが標準です。

 

ご担当者様のテーブル上にレコーダーを置いて会議・座談会等をレコーダーのマイクで録音をすると、マイク付近の音声・物音はよく録音できますが、マイクから距離が離れるほど相対的に不明瞭な録音になります。お勧めできない録音方法です。内容について専門のご担当者様のメモがわりにはなっても、専門外の第三者が起こすと聞き取れない箇所が多く、ほとんど文章にならないということがあります。録音状態がよくないとお受けできない場合があります。

 

会場スピーカーからの音声をお席で録音をすると、残響成分を多く含むために全体によく聞き取れない録音になりがちです。これもお勧めできない録音方法です。やむを得ないときは、できるだけスピーカーに近接してマイクを設置してください。

(近接とはマイクがスピーカーに接触しない程度の距離、5〜20センチ程度を想定しています)


音声自動起動の機能は解除してください。

 

メインのレコーダーとは別に、念のためにサブのレコーダーでの録音をお勧めします。

ただし、複数のレコーダーを設置して各レコーダーごとに付近の音声を収録する録音方法は作業時に大変手間を要します。追加料金、及び納期の延長をお願いする場合があります。この方法はできるだけお避けください。

ステレオかモノラルか

実は作業スタッフにはステレオ派とモノラル派がいます。音楽の演奏とは違ってテープ起こしの音声にステレオ感は要らないというのがモノラル派の言い分のようです。しかし似たような声質の話し手が複数いらっしゃる場合は、ステレオの方向感が話者を特定するのに非常に有効です。

この場合のステレオとは、音楽の演奏等をステレオで録音をするという立体感の意味とは少し違って、複数のマイクからの音声を左右の2チャンネルに振り分けて、リニアに話者の声を並べるという意味で用いています。

テープ起こしに向かないレコーダー

マイクロカセットテープの録音、コンパクトカセットテープでも2倍(1/2速)の録音は音質レベルが低く、テープ起こしには向きません。

ライン入力はよい録音が期待できます

会場音響機材で録音を依頼、または持ち込みの録音機器にライン入力をする方法もあります。会場の音響担当者と打ち合わせが必要になります。

業務用、または放送局クラスの機材を使って場内にPA(拡声)をする音声をライン入力するわけですから、当然、最もクリアな音質の録音になります。

 

 

まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ
 03-6410-3969
インターネットからのお問い合わせ

このページの先頭へ戻る